営業時間・定休日
営業時間

9:00~19:00 

 
定休日

毎週火曜日

 
電話番号

082-830-6400

 
 
住所

〒731-0103

広島県広島市安佐南区緑井6-20-6

リクルート

スタッフブログ

   
2015/07/23  ショールームダイアリー 
カナダのチャリティー企画で缶詰を使って製作されたジープ「ラングラー」!
 

ジープ「ラングラー」は多くの用途に使えるクルマだ。ほとんどどんな地形でも走行可能だから、通勤や子供の送り迎えだけでなく、友人と一緒にサーフィンに行く時などにも大活躍してくれる。だが、今回ご紹介するラングラーは、食欲までも満たしてくれそうなクルマと言える。なぜなら食品の缶詰で作られているからだ。

この缶詰製ラングラーは7月1日の「カナダの日」(カナダの建国記念日)を祝うために、ジープが4,500個のフード缶を用いて再現したもの。このプロジェクトは飢餓や貧困に苦しむ人々への支援活動や、地域社会への奉仕、科学やテクノロジー、エンジニアリング、数学の発展などを掲げチャリティー活動を行っている慈善団体「カンストラクション」と共同で行われた。このラングラーの原寸大レプリカは、10代の子供たちの手で12時間かけて作られ、祝典の間、バンクーバーのウォーターフロントにあるカナダ・プレイスに展示された。祝典終了後は解体され、「グレーター・バンクーバー・フード・バンク・ソサエティ」を通じて3,120食が飢餓に苦しむ人たちに寄付された。

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とカンストラクションによる、このような共同プロジェクトは今回で2回目となる。前回ダッジ「グランドキャラバン」の30周年を記念して、同車のレプリカが作られた。この製作には3万個の缶詰が使われ、トロントのダウンタウンに展示された後、「デイリー・ブレッド・フード・バンク」を通じて2,000個のフードバスケットが配布されている。

次回、制作される缶詰レプリカは「
ヴァイパー」か「チャレンジャー」になる予定で、カナダGPが開催される週末にモントリオールで展示される予定だという。こちらは、困窮するモントリオール市民に多大な援助を行っている団体「オールド・ブルワリー・ミッション」に寄付されることとなっている。
 
2015年07月(10件)
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ページ上部に戻る