営業時間・定休日
営業時間

9:00~19:00 

 
定休日

毎週火曜日

 
電話番号

082-830-6400

 
 
住所

〒731-0103

広島県広島市安佐南区緑井6-20-6

リクルート

スタッフブログ

   
2015/04/25  ショールームダイアリー 
Jeep CHEROKEE HISTORY
 

 Jeep CHEROKEE KK

  2008-2013 4代目

伝統の7本スリットのマスク、スクエアなフォルムが特徴的な4代目チェロキーKK型

2WDモデルや、セレクトラックⅡ・2WDモードなどシティオフローダーとしての機能が充実している。

オフロードに踏み入れば、チェロキーらしい走りを楽しむことができきます。

4代目チェロキーとなるKKのデビューは2007年

ただし日本国内での発売開始は2008年

アメリカ国内ではKJと同様に、ネーミングはリバティを継承

ちなみに現行型は再びチェロキーのネーミングを復活させています。

プラットフォームは、KKチェロキー用として開発が進められたが、ダッジ・ナイトロと共通となっています。

スタリングストレートラインを多様し、スクエアなボディスタイルは2代目XJを彷彿させるイメージ

もちろん、伝統の縦型7本スリットフロントグリル、大きなフレアフェンダーなどのジープアイデンティティは守っています。

初代SJおよびXJのモデルチェンジサイクルは10年以上だったが、3代目KJは6年、そしてKKは2013年までの5年という短いモデルサイクルで現行のKLに引き継がれた。

この時代にはオフロード思考が強いパトリオット、あるいはコンパスのの登場もしている。

KKもチェロキーの伝統のオフロード走破性重視というスタイルから離れ、オンロード重視に振られ、ハードな4WDモデルから脱却。

 

 
2015年04月(20件)
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ページ上部に戻る